巨大魚

世界の釣りと旅

巨大魚(日本)

日本の巨大魚

TOP>日本の巨大魚

 巨大魚というのはその存在自体がロマンですよね。特に内陸部にいる淡水魚となればなおさらです。海の魚は、でかくて当たり前のように思われます。なにしろ海はとてつもなく広くて大きいですから。

 その反対に淡水魚、特に日本の淡水魚というのは小さくて当たり前というイメージが、私にはあります。実際に北米大陸のニジマスなどはとても大きいのに、日本に持ち込んで育ててみるとあまり大きく育ちません。
 
 イワナやアマゴ、鮒にメダカ、やはり日本の魚は小さいようです。その小型の魚のなかにも、海に降りて大きくなる種類もいますけれど・・・。
 
 しかし、日本にも巨大魚と言っていいような魚が住んでいるのです。
 その魚とは、今や絶滅が心配される北海道の「イトウ」であり、また四国は四万十川や高知県沿岸にいる「アカメ」です。どちらも純国産の魚です。

 アカメの幼魚は汽水域におり、成長すると海で暮らします。しかし、最後の清流として有名な四万十川でもアカメが見られ、昔からアカメ釣りが行われていました。
 
 北海道の「イトウ」は、成魚の体長が1メートルを軽く越える巨大魚なのです。昔はもっとおおきなのがいたそうですが、年々その数が激減し、1メートルを超すものが少なくなっているのは残念ですね。原因はやはり人間による自然環境の破壊によるもののようです。海に降りることもあるようですが、ほとんどを淡水域か汽水域で暮らすようです。
 また、四万十川の「アカメ」ですが、こちらも巨大魚で130センチを超えるものもいるそうです。


 ◎北海道の巨大魚「イトウ」
 北海道の河川に生息するサケ科の淡水魚。以前は北海道のほかに東北でもその姿がみられたが、現在では、道北及び道東でしか存在が確認されていません。
 日本以外では、北海道に近いサハリンに生息しているそうです。ロシアや中国にもイトウがいますが、「アムールイトウ」という別種の魚です。
 
 北海道では今でもときおり1メートルを超えるサイズのイトウが釣れたという話を聞きますが、大きなサイズものは激減しているのが実情なのです。本当に残念ですね。
 
 食性は、肉食でカエルやネズミや他の魚などを食べているようです。ルアーに食いつくことを夢見て釣り師たちはロッドを振るわけですが、簡単に釣れる魚ではありません。極めて用心深い習性で、人影を見つければすぐに逃げてしまいます。そのうえ数も激減しているので、ますます釣れないわけです。
 
 この魚が生きていくには、破壊されていない自然環境が必要です。本当の幻の魚になってしまわないよう祈るばかりです。

 ◎四国の「アカメ」
 日本最後の清流と呼ばれる四国の四万十川。川魚や水棲生物の宝庫といわれるほど自然が残る豊かな河川です。その四万十川でさえ、近年しだいに環境が悪化しているようです。

 海や川を一番汚しているのは家庭排水だそうです。自分たちが自然や動植物をだめにしているとはなかなか実感として持てないものですね。私も洗濯や食器洗いの洗剤を減らさねば、などと思ったことは一度もありませんから、反省せねばなりません。
 
 さて、この「アカメ」ですが、真紅の目を持つから「アカメ」というのだそうです。しかし、地域によって呼び名が違いますし、成長過程(からだの大きさ)によっても名前が変わってきます。大型のものは、ミノウオ豊ばれるようです。一般的にはからだの大きさに関係なく「アカメ」で通っています。
 
 ルアーフィッシングでの釣りが人気で、全国から釣り師が四万十川にやってきます。やはり、近年その数が減ってきておりますが、北海道の「イトウ」ほどではありません。
 けれども、四万十川の自然が汚染されれば、今後数が減って行くことが心配されます。アカメが幻の巨大魚になってしまわないように、せめて釣り上げたアカメは川に返してやりましょう。

 
 北海道の原野を蛇行する大きな川に、体長1メートルを超すイトウが悠然と泳いでいる。昔はあたりまえに見られた景色が、今ではほとんど見られなくなった。 
 河川の自然環境の悪化が、この巨大魚の住み処を奪い数を減らしているのだ。北海道のように比較的自然が昔のまま残っていると思われる地域でも、環境破壊は進み魚の数が減っているのです。

日本にもいる
巨大魚 
利根川の大魚達 スコットランドのフライフィッシング アメリカの
楽園フロリダ
日本の小さな魚、タナゴ ニュージーランドのタウポ湖
キャンプでの
鍋料理
日本を代表する
川魚、鮎
キャンプ料理 中国の皇帝魚、
チョウザメ
アウトドア
クッキング
 
カナダの
キングサーモン
車中泊の
便利グッズ
 
オーストラリアの釣りと旅
車中泊で釣り旅行 実をいうと美味
―ナマズ
サーモンの故郷、アラスカ  ハワイで楽しむ
釣り
最も身近な魚
―鮒―
オランダのパイク
世界の釣りと旅 TOPページへ
プロフィール リンク
Copyright (C)世界の釣りと旅  All Rights Reserved