キャンプ料理

世界の釣りと旅

キャンプ料理と釣り

キャンプ料理

TOP>キャンプ料理
キャンプ料理

 火の準備ができたら、実際の調理にかかりましょう。釣った魚を調理して食べるのは、本当に美味しいものです。

 □川魚の塩焼き
 マスやアユなどを串に刺して塩焼きにする。これぞ日本人が古来より愛した魚の食べ方です。家庭に囲炉裏が無くなった現在、炉端焼きのお店ぐらいでしか食べる機会がありません。
 
 最近では観光地のお土産物売り場の店先で、団子といっしょに焼いているのも見かけますね。せっかく生きのいい魚が手にはいるのだから、キャンプ料理のメニューにしましょう。

 @魚は水で洗い、ぬめりを取ります。

 A尻の辺りからナイフをいれて口の下近くまでさきます。





 B内臓を取り出します。その後よく水で洗いましょう。ただし調理するのがアユならば、内蔵は取らずに身と一緒に焼いて食べます。成長したアユは石についた苔しか食べないので、胃や腸の中も詰まっているのは苔だけです。アユの内蔵は苦みがあって旨いとされるのです。

  これがイワナなどだと必ず内蔵を出さねばなりません。イワナは蛇さえも食べます。もし毒蛇を食べていたら、イワナの内蔵に毒が残っているかもしれないからです。

 このイワナの話は、あの「釣りきち三平」で読んだのですが、昔からイワナの内蔵は食べなかったようですね。本当に蛇の毒がイワナの内蔵に残っているかはわかりませんけれど、やっぱり食べない方がいいでしょう。 (^^;)

 C塩をよく振って魚になじませます。

 D竹串を魚に刺します。口から串を入れ、身が波うつように刺します。

 E火の近くに魚を立て掛けゆっくり焼きます。長めの串を使い、空き缶などを利用して魚を立て掛ければよいでしょう。
 
 中まで火を通すために焦げないように気をつけましょう。火に近づけ過ぎないことです。時間をかければ美味しく焼き上がりますよ。

□鮭のチャンチャン焼き
 ご存じ鉄板を使ったワイルドな鮭料理。鮭以外の魚でも美味しく食べられます。

 材料

 ☆生ザケ。できれば半身を使いましょう。切り身を何枚か並べてもよいです。
 ☆ミソ、1カップ。
 ☆酒、半カップ。
 ☆ニンニク、一個。おろして使います。
 ☆ネギ、一本。適当に切っておく。
 ☆砂糖、適量。
 ☆サラダ油、適量。
 ☆野菜。何でもOK。

 @味噌ダレをつくります。味噌、酒、ネギ、ニンニク、砂糖を混ぜ合わせるだけ。味見をしながら美味しくつくってください。
 A鉄板を熱してサラダ油をしき、鮭の皮を下にして焼きます。上から@の味噌ダレをたっぷり塗り付けます。

 B適当な大きさに切った野菜を、鮭の回りにおいていきます。

 C野菜に火が通ったら、鮭のみをほぐして味噌とからめながら焼いていきます。野菜にも味噌をからめて焼きましょう。

 味噌の焼ける匂いを楽しみながら、鮭と野菜をいただきます。野趣あふれる美味しい料理です。お酒にもバッチリ合います。

□ ナマズの蒲焼

 見た目は悪いが、大変旨いと評判のナマズです。
 しかし調理するのは素人には難しいのです。体のぬめりが邪魔をしてうまく捌けないのです。

 @まず、ナマズを自宅の水槽などで数日間泳がせます。はい、泥ぬきのためです。(アウトドア料理じゃないぞ(^^;)

 A調理の直前に、氷水の中にナマズを入れます。仮死状態にするためです。動きが鈍くなったら準備完了。

 B塩で揉みながら、ぬめりを落とします。

 C内臓を取り、頭も落とし、三枚おろしにします。

 D切り身ができたら、串に刺して焼きやすいようにします。

 E炭火で焼きましょう。焼きながら蒲焼のたれをぬってさらに焼きます。出来上がり。


 ☆蒲焼のたれの作り方
  材料 酒、2。醤油、5。みりん、4。砂糖、2の割合で鍋に入れます。生姜の搾り汁、適量。

  @全ての材料を鍋に入れて煮る。とろみがついたら出来上がり。味見をして好みの味に仕上げましょう。

□切り身の魚のホイル焼き

 いろいろな魚に使える簡単調理法です。鮭、タラ、ニジマスもいいですね。調味料も好みに合わせて好きな物を使えばよいのです。

☆材料
 魚の切り身。自分で三枚に降すのがベターでしょうが、スーパーで買ってきてもOKです。
 タマネギ、適量。
 シメジやマッシュルームなどのキノコ類、好きなだけ。
 サラダオイル、適量。
 塩、コショウ適量。
 味ポン酢、適量。
 アルミホイル、たくさん使います。

 @魚の切り身に軽く塩、コショウをふっておきます。 Aアルミホイルを二重にして器を作ります。

 Bアルミホイルに軽くサラダオイルをひいておきます。

 C魚の切り身をのせます。

 Dタマネギはスライスし、キノコなども適当に切って魚の上に乗せます。

 E味ポン酢をかけて、アルミホイルを蓋するように閉じます。

 Fカマドの上にはアミをかけアルミホイルをのせ焼きます。

 Gよい香りがしてきたら食べ頃です。箸を刺して火が通っていなかったら、またしばらく焼きましょう。出来上がり。

 ☆味ポン酢のほかにも、バター、マヨネーズ、タルタルソースでも美味しくできますよ。  

日本にもいる
巨大魚 
利根川の大魚達 スコットランドのフライフィッシング アメリカの
楽園フロリダ
日本の小さな魚、タナゴ ニュージーランドのタウポ湖
キャンプでの
鍋料理
日本を代表する
川魚、鮎
キャンプ料理 中国の皇帝魚、
チョウザメ
アウトドア
クッキング
 
カナダの
キングサーモン
車中泊の
便利グッズ
 
オーストラリアの釣りと旅
車中泊で釣り旅行 実をいうと美味
―ナマズ
サーモンの故郷、アラスカ  ハワイで楽しむ
釣り
最も身近な魚
―鮒―
オランダのパイク
世界の釣りと旅 TOPページへ
Copyright (C)世界の釣りと旅  All Rights Reserved