キングサーモン

世界の釣りと旅

キングサーモン(カナダ)

カナダのキングサーモン

TOP>カナダのキングサーモン

日本人にもおなじみの大きな魚と言えば、やっぱり鮭(サケ)でしょう。
北海道でたくさん捕れることからわかるように、水温の冷たい海でくらしています。

鮭にもいろいろな種類がいますが、最も大きくなるのが「キングサーモン」です。スーパーで切り身になって売られているので、名前はよく知られていますよね。海外で養殖されたものが輸入されてくるのです。
 
でも、「キングサーモン」と書かれていても、大西洋にいる「アトランティックサーモン」の切り身が売られていることも多いのです。商品名に偽りがあるじゃないかと思うのですが、味に違いがないのでしょうか? だれも文句を言いませんね(^▽^)。

キングサーモン(King salmon)
 英名ではチヌークサーモン(Chinook salmon)とも呼ばれます。
 サケ目、サケ科、サケ亜科、タイヘイヨウサケ属。
 
外国の魚というイメージがありますが、なんと、和名がつけられています。その名も「マスノスケ」 古くから日本でも知られていてのですね。
 
日本海北部にも棲息しておりますが捕獲されることはほとんどありません。極まれに河川や太平洋沿岸で捕まることがあるようです。
 キングサーモンの特徴は、その体の大きさです。成魚で、1メートル〜1.5メートルもあります。他の鮭の倍近くもあるのです。
 
昔の日本人たちはこのまれに現れる大きな鮭をみて、さぞびっくりしたことでしょうね。

 
北太平洋の広い海域にいますが、釣りで有名なのは、なんといってもカナダやアラスカでしょう。
 
カナダ、アラスカどちらともキングサーモンを狙っての、海外からの釣り客が多いことで有名です。その中でもとくにお勧めなのはカナダの「キャンベルリバー」です。

他にもサーモン釣りの名所はたくさんありますが、このキャンベルリバー「Salmon Capital of The World(世界の鮭の首都)」と呼ばれています。いかにもたくさんの大物がいそうな所ですね。
 
キャンベルリバーには、多くの鮭釣りのポイントが存在します。サーモンの餌となる小魚がたくさんこの海に集まり、それを追ってキングサーモンたちがやってくるのです。

その昔に氷河によって削られ作られたいりくんだ海峡の景色を眺めながら、キングサーモンを始めとする数多くの種類の鮭たちを釣り上げることのできる絶好の釣り場が数多く点在します。
 
また、その鮭を狙ってやってくる、イルカやシャチやクジラたちを間近に見ることもできます。キャンベルリバーには人の暮らす街と野生の動物たちが暮らす大自然の両方があるのです。

キャンベルリバーはこんなところです。
 キャンベルリバーは、カナダ西海岸、バンクーバー島北東部に位置する小さな町です。バンクーバーの向かいに浮かぶのがバンクーバー島です。ジョージア海峡に面する町は、林業や漁業で栄えました。海外からの釣り客が多く訪れる昨今は、観光業も重要な産業となっています。サケ釣りで有名ですが、サハリンと同じ経度にあることを考えればうなずけます。北海道やサハリンにも毎年多くの鮭がのぼって来ますものね。

バンクーバーはこんなところです。
 キャンベルリバーのあるバンクーバー島とジョージア海峡をはさんで位置するのがバンクーバーです。
 バンクーバーはトロント、モントリオールにつぐカナダ第3の都市で、フレーザー川の河口にあります。

キングサーモン釣りの名所がたくさんあることから分かるように、大きな都市でありながら雄大な自然に恵まれた街です。海、山、森林と贅沢なほど恵まれた環境にあるといえます。しかも、それらの自然には野生の生物が今も生きているのです。

サーモン釣りはもちろんのこと、さまざまなアウトドアスポーツが楽しめる広大なフィールドが広がっています。
 
発展した都会の町とゆたかな自然がまじりあって存在しており、海流の影響からか冬にはそれほど多くは雪が降りません。また、夏は涼しく年間を通して過ごしやすい街です。そのためか、バンクーバーは「世界一住みやすい都市」といわれています。

この辺りの海では、キングサーモン以外にもさまざまな鮭が釣れます。コーホーサーモン(銀ザケ)、サーカイサーモン(紅鮭)、ピンクサーモン(カラフトマス)などです。
 
また、釣り以外ではスキー・スノーボード、ゴルフ、カヌーやカヤックなどが楽しめます。都会と自然が隣接して存在しますので、少し足を延ばせば緑豊かな森が広がる公園やビーチでのんびりすることもできます。
 
その他、バンクーバー市内での観光やショッピングも存分に楽しめますので、キングサーモン釣りを楽しんだ後でも楽しく過ごせます。

 しかし、なんといっても魅力的なのは、雄大な大自然を目の前で眺めることができることです。キャンベルリバーの魅力の一つは、海峡や山々や数多く浮かぶ島々に囲まれているため、一年を通して安定したコンディションで釣りを楽しむことができることです。
キングサーモンはバンクーバー近海に一年中いますので、いつでもキングサーモン釣りを楽しむことができます。 

日本にもいる
巨大魚
 
利根川の大魚達 スコットランドのフライフィッシング アメリカの
楽園フロリダ
日本の小さな魚、タナゴ ニュージーランドのタウポ湖
キャンプでの
鍋料
日本を代表する
川魚、鮎
キャンプ料理 中国の皇帝魚、
チョウザメ
アウトドア
クッキング
 
カナダの
キングサーモン
車中泊の
便利グッズ
 
オーストラリアの釣りと旅
車中泊で釣り旅行 実をいうと美味
―ナマズ
サーモンの故郷、アラスカ  ハワイで楽しむ
釣り
最も身近な魚
―鮒―
オランダのパイク
世界の釣りと旅 TOPページへ
プロフィール リンク集
Copyright (C)世界の釣りと旅  All Rights Reserved