海外旅行

世界の釣りと旅

準備

海外旅行に行く準備



 海外旅行の準備といえば、パスポートやビザなどの書類や着替えや洗面道具、ガイドブックや様々な備品の準備を思い浮かべますね。これらを買い揃えたり、鞄に詰めたりするのはとても楽しいことです。

 しかし、その他にも早めに用意を済ませておかねばならない事があります。それは何かというと、予防接種です。

 日本では心配する必要のない病気でも、海外では感染の恐れがあるものが存在しています。たとえ短い期間の観光旅行であったとしても、国や地域によっては予防接種の必要が出てきます。海外赴任のように長期間海外で暮らすとなれば、なおさら気をつけねばなりません。

 とくに近年では、東南アジアやインド、オセアニア地域に出かける日本人が増えています。それらの国々には人気の高いリゾート地なども多くあります。

 アメリカなどの企業がリゾート開発していますので、設備が整い快適に過ごせますが、伝染病のリスクまでは抑えることができません。

 やはりそこは日本とは気候風土が違う外国なのです。予防接種は必ず必要になります。

 
 また注意しなくてはならないのが時間です。海外旅行に出かける楽しさに浮かれているうちに、予防接種を受けに行く機会をなくしては大変です。子供などは、同じ予防接種を数週間開けて二回受けなくてはならない場合もあります。

 予防接種を受ける場所も、自分が住んでいる市街地から随分離れた港の更に奥まったような場所にあったりします。仕事が休みの土日には閉まっていることもあります。

 事前によく調べておかねばなりません。旅行会社のツアーに申し込んで行くならば、それらの情報も窓口で詳しく教えてくれます。しかし、自分で手配して行くとなると、必要な情報を自分で集めねばなりません。

 自分が出かける国ではどんな病気にかかる危険性があるのか、予防接種は何が必要か、どこで受けられるのか、接種の回数と期間はどれくらいかかるのか。これらを詳しく調べましょう。

 特に釣りやマリンスポーツを楽しむ場合には、病気にかかるリスクが高くなります。虫などはそのいい例ですよね。毒をもつ魚や生き物もいます。
 アウトドアで遊んでいると蚊や害虫に刺されることがあります。これらの虫が伝染病を媒介しますので、危険な病気にかかることを考えておきましょう。予防接種は必須ですよ。
 
 また、意外な盲点が歯の治療です。海外で急に虫歯が痛みだしたら、歯科医院を捜すのも大変です。日本の歯医者さんは優秀な技術をもっている方が多いのですが、外国ではどの歯医者がいいか判断できません。

 それだけでなく、発展途上国での治療はエイズやB型肝炎、C型肝炎などに感染するリスクが大きいと考えられます。

 必要以上に恐れることはありませんが、無防備なのもいけません。もし海外で病気になれば治療も大変です。
 また、外国では、日本のように保険が整っている訳ではないので、思わぬ高額な医療費の出費を迫られるかも知れません。出発前にあらかじめ旅行保険に入っておくと良いでしょう。クレジットカードについているものもあるので、確認しておきましょう。

 心配される、各国の伝染病。
 以下は一応の目安です。詳しくは渡航先の国の情報を御自身で確認してください。

 黄熱病    中南米の各国。アフリカの各国など。
 日本脳炎   日本、東南アジアの各国など。
 A型肝炎   東南アジア、インド、アフリカ、中南米などの広い地域。
 B型肝炎   世界中の広い地域。 
 狂犬病    中南米、アフリカ、東南アジアなどの国々に出かけて行く場所によっては、犬以外の動物に咬
          まれることもあります。

 世界中どこの国にでかけるにしろ、病気に対する情報の入手と保険、予防接種の必要の有無を早い段階で調べておきましょう。


日本にもいる
巨大魚 
利根川の大魚達 スコットランドのフライフィッシング アメリカの
楽園フロリダ
日本の小さな魚、タナゴ ニュージーランドのタウポ湖
キャンプでの
鍋料理
日本を代表する
川魚、鮎
キャンプ料理 中国の皇帝魚、
チョウザメ
アウトドア
クッキング 
カナダの
キングサーモン
車中泊の
便利グッズ 
オーストラリアの釣りと旅
車中泊で釣り旅行 実をいうと美味
―ナマズ
サーモンの故郷、アラスカ  ハワイで楽しむ
釣り
最も身近な魚
―鮒―
オランダのパイク
TOPページへ
プロフィール リンク集
Copyright (C)世界の釣りと旅  All Rights Reserved