ダイエット

世界の釣りと旅

ダイエット

管理人が取り組んだダイエット法


 私は、もともと痩せた体型をしておりました。ダイエットとは無縁な、ジーンズがよく似合う、スリム&ビューティーな青年でした。(^▽^)


 それが、・・・。いつの間にかお腹に肉が付き、去年着ていたジーンズがはけなくなり、毎年お腹が成長するようになったのです。


 以来、会う人ごとに「太ったね」と、言われるようになりました。私はもともと痩せすぎくらいだったので、これ位がちょうどいいと思って人の言うことは、気にしませんでした。


 しかし、私も成人病を気にする年代になりました。世間でも「メタボリック」という言葉がはやり、肥満の危険性を訴えています。内蔵脂肪というものが気になります。ようやくダイエットしようかな、などと思うようになりました。


 そんなある日、私の目に恐ろしいものが飛び込んで来ました。鏡に映った己の姿です。


 「み、醜い・・・」








 そこにいたのは、かってスリム&ビューティーと自分だけが言っていた、ビューティフル?な自分ではありませんでした。醜くお腹が付きだしなおかつ垂れ下がり、くたびれた哀れな容姿をさらけだしていたのです。


 これは何事であろうかと、急いで体重計に乗ってみると衝撃の事実が私を襲いました。
 

     身長−110cm=理想体重


 私がずっと使って来た理想体重をわりだす計算式です。そこから割り出される数値よりもはるかに多い数値を体重計の針は指していました。


 理想体重+12キログラム。


 一体いつの間に・・・。ふだん体重計をまめにチェックすることがないので、太ったなと思ってもどれくらい太ったのか把握していませんでした。理想体重を12キロもオーバーするまでになっていようとは。


 これはそろそろ真剣に考えなくてはいけないなと思ったのです。


 それで私はダイエットに取り組むこととしました。何をしたらよいのか分からないので、まずは情報収集です。


 新聞に折り込まれるチラシには、「食べるだけ、飲むだけで痩せる○○○○」というのがよくありますが、お金を使うのでは長続きしません。私には他にお金を使わねばならないところがいっぱいあるからです。


 情報収集といえば、まず本屋に行くのがよろしいでしょう。さっそく本屋に出かけて一冊の本を見つけて来ました。その本とは、
 

 風本真吾 著  王様文庫


 お医者さんが考えた「朝だけ」ダイエット  
       
 です。


 このダイエット法、お薦めです。私はこの方法で、1カ月で6kg痩せました。2カ月かけないうちに10kg痩せました。


 ズボンはウエストの辺りがぶかぶか、シャツはピチピチだったのがゆったり着られるようになりました。その効果のすごさに家族もびっくりしています。ほとんど努力らしきことをせず、短い期間で体重を落とすことができたからです。


 この本の著者は大学の医学部を卒業した、れっきとしたお医者さんです。健康管理の専門家であり、体重のコントロールの重要さを訴えておられます。


 この「朝だけ」ダイエットは、既に3万人以上の人がダイエットに成功しているそうです。今までの常識を破った方法で、簡単な上効果も高くお金もかかりません。


 その方法とは、「朝食を抜く」というものです。
 

 朝食を抜くなんてそんな無茶な、かえって健康によくない、とお思いでしょう。しかし、著者はその道の専門家であり、多くの実績を残しておられます。


 著者の風本真吾氏は、胃に病気をもっている人など、一部の人を除きこの方法を薦めているそうです。「朝食を抜く」ということに抵抗があるかも知れませんが、専門の医者が薦めるのだから、あまり心配しなくてもいいと思います。苦労なく体重を落としたい人は挑戦してみてはどうでしょう。


 詳しい内容は、 


 お医者さんが考えた「朝だけ」ダイエット  


 を読んでみてください。 わかりやすく書いてあります。文庫本で安いので気軽に買えますよ。



 ☆ その他、ダイエット豆知識。
 

 こちらで紹介するのは、管理人があちこちで聞きかじった知識であり、上記の風本真吾氏の著書とは直接関係ありません。念のため。(^▽^)


 ○ 健康の基本、水分補給は朝イチから!


 朝いちばんに摂取する食べ物や飲み物は、体がすぐに吸収してくれます。朝イチに新鮮な水や100%果汁のジュースを飲むことは体にとてもいいのです。とくに暑い夏には一日を通して、小まめな水分補給が必要になります。


 ○ 食事はバランスよく、しかも好きな物を食べましょう。


 いつも同じものばかり食べていると栄養が偏ります。栄養の偏りは肥満の原因です。バランスよく栄養を取るためにもいろいろな物を食べるのがいいのです。しかし、体にいいからといって、嫌いなものや食べたくないものを我慢して食べるのもよくありません。

 おいしいと思えるいろいろな食品を、幅広く食べるのがよいでしょう。


 ○ 身近にある、体によい油。


 健康やダイエットを考えて、油分を控える人もいると思いますが、良質の油分を取ることは体によいのです。良質の油分は、体に悪影響を与える油を流してくれるからです。

 良質な油分はナッツ類、特にカシューナッツやクルミ、オリーブ油に多く含まれています。


 ○ 最近注目の炭水化物ダイエット。パンよりもご飯を食べましょう。


 肥満の原因として注目されているのが炭水化物です。炭水化物の摂取量を控えてダイエットをするわけですが、全く炭水化物を取らないのは体によくありません。炭水化物はご飯でとるのがお薦めです。


 パンもおいしいのですが、小麦は体を冷やしますし、菓子パンなどは糖分や油分が多く入っているのでダイエット中にはお薦めできません。ご飯をおいしく食べましょう。


 ○ 朝食べる果物は金。


 どこかの国のことわざに、こんなものがあります。
「朝食べる果物は金。昼食べる果物は銀。よる食べる果物は鉛」


 つまり果物は朝に食べるのが体によく、夜食べるのは鉛(毒)だというわけです。体を冷やすからこういうのでしょうか?


 それはともかく、果物に多く含まれるビタミンCは、午前中に取ると吸収されやすくなるそうです。やっぱり朝食べる果物は金なのでしょう。


 ○ 蛋白質は肉や魚、大豆から取りましょう。


 蛋白質も体に必要な大事な栄養素です。ダイエットで蛋白質を取らないというのは考え物です。肉や魚大豆を一日に一度は食べるといいでしょう。その際には、緑黄色野菜を一緒に取るといいですよ。


 ☆ ご注意。 


 上記の風本真吾氏の著作やそこで紹介されているダイエット法、またその他の豆知識は、管理人が実践してみて効果を感じた方法や、良いなと思った事などを紹介しています。


 従って誰にでも必ず効果を保証するというものではありません事をご了承ください。




日本にもいる
巨大魚 
利根川の大魚達 スコットランドのフライフィッシング アメリカの
楽園フロリダ
日本の小さな魚、タナゴ ニュージーランドのタウポ湖
キャンプでの
鍋料理
日本を代表する
川魚、鮎
キャンプ料理 中国の皇帝魚、
チョウザメ
アウトドア
クッキング 
カナダの
キングサーモン
車中泊の
便利グッズ 
オーストラリアの釣りと旅
車中泊で釣り旅行 実をいうと美味
―ナマズ
サーモンの故郷、アラスカ  ハワイで楽しむ
釣り
最も身近な魚
―鮒―
オランダのパイク
TOPページへ
プロフィール リンク集
Copyright (C)世界の釣りと旅  All Rights Reserved