アウトドアクッキング

世界の釣りと旅

アウトドアクッキングと釣り

アウトドアクッキング

TOP>アウトドアクッキング

もし、仲間や家族と釣り旅行するなら、キャンプを楽しむという手があります。旅館やホテルに泊まるのもいいけれど、釣った魚をアウトドアクッキングで料理して酒を飲みながら夜が更けるのを楽しむのもいいものです。

料理をしたり後片付けをしたり確かに面倒だけれど、火を起こして獲物を調理するのは、また格別の時間が過ごせますよ。

火の起こし方。
 最近は様々な調理用のアウトドアクッキング用品が出回っています。カートリッジ式のガスコンロを使って湯を沸かし、インスタント食品を暖めて簡単に食事を済ませることができます。これはこれで良いと思いますが、炭で火を起こした方が料理の楽しみも増しますし、味もおいしくなります。

むやみにたき火を行うことはできませんが、キャンプ用品の中には炭が使えるバーベキュー用のグリルがありますのでそれらを利用しても良いでしょう。




 さて火の起こし方ですが、市販の着火剤はあまりお勧めできません。なぜなら、着火剤の臭いが気になるからです。バーベキューをして肉や野菜に臭いが移ったのでは美味しくないですからね。

  着火に適しているのはやはり新聞紙です。マッチやライターで簡単に火がつきます。新聞紙をクシャクシャと丸めてボール状にします。この時空気の層が新聞紙内にたくさん出来るように柔らか目に丸めるのがこつです。

 もし、焚き火が出来る場所ならば地面を少し掘って窪みをつくっておきます。その窪みの周りに石やレンガを並べてカマドを作ります。カマドの口は風上に向けておくといいですよ。そして土の上に丸めた新聞紙をおきます。

4、5個ほど丸めた新聞紙を置いておけばいいでしょう。そのうえに乾いた小枝を重ねて置きます。小枝は木のまわりを探せばすぐに見つかります。無ければ割り箸でも代用できます。小枝は丸めた新聞紙に立て掛けるようにして並べます。

その上に細い薪をおいていきます。新聞紙と小枝と薪の間に空間ができるようにおきましょう。空気の流れが良くなるようにするのがコツです。さらにその上に大きな薪を重ねていきましょう。この時木炭をおいてもよいです。

 薪を重ねおえたら火をつけます。新聞紙に着火するのです。いきなり小枝や木炭にマッチの火を近づけても燃えません。もえやすい新聞紙に火を着けてその火が小枝を燃やし、燃えている小枝の火が薪や木炭を燃やします。もえやすい順番に重ねておいてあるわけです。

太い薪に火がつきにくいようでしたら、薪をいったん外して、小枝や割り箸を加えて火力を強くします。それから薪を重ねてやります。マンガに出てくるアメリカインディアンのテントの骨組みのように薪をおいてやるといいですよ。空気の通りが良くなるからです。

薪をむやみに火の上におくと空気が通らなくなって火が消えてしまうのです。火が消えそうなら薪のおき方を工夫してやりましょう。小枝の火がいよいよ薪や木炭に移ったら、ここで秘密兵器の登場です。なにかといえばウチワです。

ぱたぱた仰いで風を送りどんどん燃やしてやりましょう。充分火が回ったらOKです。木炭を使っているならここで木炭をカマド全体に広げてやります。さらにウチワでパタパタ燃やしてやります。バーベキュー用のグリルでも同じようにして炭火を起こしてやりましょう。
 
地面にカマドをつくって焚き火をするならば、後片付けのことも考えてカマドを作ります。地面に穴を掘るのは適度に風を防ぎ火が着きやすくするためですが、使用後の後片付けもやりやすくしてくれます。

 まず燃やせるものは全部燃やしてやりましょう。木炭や薪はもちろんのこと、使用済みの紙コップや紙皿、割り箸などがあったらそれも燃やせます。ゴミ袋にいれて持って帰ってもいいですが、持ち物はできるだけ少なくしたいですね。

 全てきれいに燃え尽きたら、カマドを崩し土をかけてやります。カマドを作る時に掘り返した土をかければいいのです。こうしてやれば万が一火種が残っていても土の中で消えてしまいます。

山火事を防ぐことができるのです。それに焚き火の後もかくせます。地面を黒く焦がしたまま帰るのはよろしくありません。燃やせないゴミは持ち帰り、燃やせるものは燃やして地面もきれいにならして帰りましょう。

 焚き火の後で地面は黒焦げ、周りにゴミやビールの空き缶が散乱していたら見苦しいものです。焚き火を禁止する場所が多くなるのも無理はありませんよね。

炭の種類について。
 バーベキューといえば備長炭を使う人が多いと思います。火力が強く長時間燃えてくれますので、炭火を使う料理店でもよく利用されています。しかし、火がつくのに時間がかかるのも事実です。

ホームセンターなどで売られているバーベキュー用チャコールはすぐに火がつきますが、すぐに燃え尽きてしまいます。備長炭の長い燃焼時間はよいようですが、キャンプでは料理に長い時間をかけるわけにはいきません。

すぐに日が暮れてしまいますから、後片付けも含めてできるだけ簡単に済ませられるようにしたいからです。それらの点を考慮すると、普通のナラやブナの木炭がよいように思います。火のつきもよいですよ。

日本にもいる
巨大魚 
利根川の大魚達 スコットランドのフライフィッシング アメリカの
楽園フロリダ
日本の小さな魚、タナゴ ニュージーランドのタウポ湖
キャンプでの
鍋料理
日本を代表する
川魚、鮎
キャンプ料理 中国の皇帝魚、
チョウザメ
アウトドア
クッキング
 
カナダの
キングサーモン
車中泊の
便利グッズ 
オーストラリアの釣りと旅
車中泊で釣り旅行 実をいうと美味
―ナマズ
サーモンの故郷、アラスカ  ハワイで楽しむ
釣り
最も身近な魚
―鮒―
オランダのパイク
世界の釣りと旅 TOPページへ
プロフィール リンク集
Copyright (C)世界の釣りと旅  All Rights Reserved